Water

設置場所

給湯器を設置する場所

日々の生活の中で、お湯を利用する時に必要になってくる給湯器ですが、その特徴を知っている人は少ないです。ここでは給湯器について、知っておいた方がよい知識を紹介していきます。給湯器は住宅の中でも目につかない場所に設置されている事が多いため、普段の生活では意識した事は少ないという人がほとんどです。ですが給湯器が故障してしまうと、お風呂には入れなくなってしまうので大変です。 そのため故障しない事が望ましいのですが、給湯器は電気製品のため年数が経つと壊れやすくなるのです。どうやったら耐久性を延ばすことができるかというと、設置する場所は直射日光が、当たらない場所が望ましいのです。基盤は直射日光があたる事で、熱を持ち壊れやすくなるためです。

交換する場合は能力の高いものを選ぶと良い

また雨が当たらない場所が良いのです。給湯器の排出口から雨が入ることで、内部に錆びが発生して故障しやすくなるためです。他にもキッチンの換気扇の下に設置するのは、避ける事が大切です。キッチンで油料理をした場合、換気扇の下に油が排出されるため給湯器がこの油を吸い込む事で、不完全燃焼を引き起こし故障の原因になってしまうからです。 このように普段気にしない給湯器ですが、ひとたび故障してしまうと生活が不自由になる設備でもあるため、設置する場所をよく考えて設置する事が重要なのです。また故障して交換する場合は、能力の高いものを設置する事が重要です。能力が高いことで湯を同時に出せる能力が高くなり、風呂の湯を入れながらキッチンで洗い物をする事も可能になるからです。